ハチ退治は業者依頼が大切│色や時期も考慮して行う

手出しせずに駆除業者へ

スズメバチ

凶暴で危険なハチ

キイロスズメバチは全体的に黄色い色をした3cmほどの大きさのハチで、スズメバチの中では小さい部類に入ります。軒下や屋根裏などの高い所に巣を作り、警戒心が強く凶暴で執念深い性格で注意が必要です。キイロスズメバチの巣は巨大で、開放された所に巣を作るハチの中では最大になります。キイロスズメバチは生活環境に適応する能力が高く、最近では都市部でも見かけるようになりました。キイロスズメバチは巣に近づいたり、少しの振動を感じただけですぐに巣から飛び出してきます。とても凶暴な性格なため、近づいたり巣を突いたりする事は大変危険です。刺傷被害を受けない為にも自分で巣を駆除することはせずに、自治体や駆除専門業者にお願いする事が必要になります。

不用意に近づかない

キイロスズメバチは小型昆虫などを餌としており、花や樹液、果実などに集まってきます。人間が飲み残したジュースの缶やペットボトルなどを放置したままにしておく事は、キイロスズメバチが集まりやすい環境にしてしまう事になり、注意しなければなりません。もしも巣を発見したとしても「不用意に近づかない」事が原則です。凶暴な性格であっても、こちらから近づいたり、手を出したりしなければ攻撃してくる事はありません。そして、家などに巣を作られてしまった場合には、迷わずに専門業者を呼ぶ事です。蜂の知識や充分な防具もない状態で近づき、大群に襲われたりしたら命を落とす危険さえ充分にあります。けして素人考えで行動する事はせずに、蜂の生態を熟知したプロにお願いする事です。